日本の歴史から学ぶ、日本人の精神性

2015年6月21日(日)

経営者の時間創出のための仕組み化セミナー

こんなことに困っている経営者の方にはとくに最適です。

▼自分がいないと会社が回らない
▼忙し過ぎてなかなか休みが取れない
▼忙しいわりに儲けが少ない
▼スタッフの定着率が悪い
▼従業員の作業レベルにバラツキがある
▼店長レベルによる売上のバラツキがある
▼ノウハウが社内に蓄積されない

なぜ上記のような現象が起きるのでしょうか?

ズバリ、社内に仕組みがないからです。
そして社内ノウハウが体系化されていないからです。

さらに経営者である皆さんの意識が、知らず知らずのうちに人に依存しているからです。

ハッキリ申し上げますと、(上から目線で失礼します)

▼経営者が忙しく働いている会社ほど、成長できません
▼経営者が必死になって働いているかぎり、中小零細企業を抜け出せません
▼社長が必死に働き、目の前の仕事をバリバリとこなしている会社は、ある一定範囲までの成長はできてもそれ以上の成長を遂げることはできません

そして経営者自らが、現場に組み込まれている状態が長く続けば続くほど、安定した経営(黒字化)をさせることが難しくなります!!

だからこそ、このセミナーのゴールは、経営者である皆さんが現場に組み込まれなくてもいいような仕組みをつくり、その創出した時間を、経営者の仕事に特化する!とさせてもらいました。

そこでまず、セミナー開始直後に、皆さんの日頃行われている仕事を3つに分類してもらいます。

3つの分類とは、

▼思考系
▼管理系
▼作業系、です。

会社を運営していくために、3つの仕事はどれも重要ですが、経営者はあえて思考系の仕事に集中してください。

思考系の仕事とは具体的に、

▼経営戦略を立案する
▼理念や方針を定める
▼新規事業を考える
▼儲かる仕組みをつくる
▼売上をつくる、または顧客を創造する
▼自社の商品がいかに価値のあるものか外部に伝える

などです。

経営者の仕事は“考える”“判断する”“決定する”の3つです!

経営者がこれら仕事に特化することで、不思議と経営が安定していきます。

その理由は、セミナー中に説明しますね。

最後に今回のセミナーのポイントは

▼「人材志向」と「仕組み志向」とは何か?
▼仕組み化すると、なぜ成功するのか?
▼仕組み化するためにフランチャイズモデルは非常に参考になる
▼経営者の本当の仕事とは?
▼仕組み化するために5年後の組織図を描くことから始めるわけは?
▼では実際の仕組みとマニュアルを作ってみよう
▼多店舗経営実現の秘訣とは?です。

このセミナーを通じて、みなさんの時間創出のサポートができ、安定経営(黒字化)していくためのキッカケになれば幸いです。

開催要項

2015年6月21日(日) 13:30~16:00 東京都内某所
参加費5000円
懇親会有り
セミナー申込みフォーム

Return Top