日本の歴史から学ぶ、日本人の精神性

社長がいないと回らない1店舗オーナーから、多店舗経営へ飛躍させるための仕組み大百科(全105ページ)を無料プレゼント!!

社長がいないと回らない1店舗オーナーから、多店舗経営へ飛躍させるための仕組み大百科(全105ページ)を無料プレゼント!!

PDF(プレゼントダウンロード)

もしあなたが今・・

  • 伝承者が育たない
  • 伝承者が育たないから自分以外に売上を立てられない
  • 自分以外で売上を立てられないから休めない
  • 休めないから病気になれない
  • だから24時間365日働き詰め 働き詰めだから疲労を隠しきれない
  • 疲れてくるから売上が下がる さらに伝承者を育てるエネルギーを失くす

という状態ならば、3分だけお付き合いください。

“社長の限界=事業の限界”という構図から抜け出すための仕組みづくりのノウハウを無料でプレゼントいたします!

私は現在、65店舗のサービス店舗を運営する会社役員をしながら、コンサルト会社を立ち上げ、複数店舗の展開を考える経営者の方の飲食・サービス業専門の”多店舗展開アドバイザー”として、多くの経営者や個人商店の方の仕組み化をサポートしています。

皆さんのお話を聞くなかで、特に中小零細企業の社長、スモール・ビジネスの経営者、女性起業家、個人事業主の方の悩みは、自分がいなければ事業がまわらなく事業の奴隷と化しているという悩みでした。

奴隷

多くの方が会社運営をご自身の才能や人柄、そしてやる気に依存していて、それこそ経営者がいなくなれば、お客様もどこか他のお店に行ってしまう状態でした。
これでは社長さんの能力や時間を商品として切り売りしている状態です。

ここで皆さんにお伝えしてきたことは皆さんの能力や時間の限界以上に事業を広げることはできませんよ、ということです。
だから冒頭にも書いたように“社長の限界=事業の限界”という構図なのです!

私自身も十数年前、似たようなことで苦しんできたので他人事ではありません。

そのころの私は10店舗を統括する立場でした。
「社員数は私を入れて10店舗で9名・・・」 自分も店長を兼任しながら全店を統括している状態です。
そのころの悩みは、

  • 自分がいないとお店が回らない
  • 心配だから休みが取れない
  • 忙しいわりに成果(利益)が上がらない
  • スタッフの定着率が悪い
  • 従業員の作業レベルにバラツキがある
  • ノウハウが社内に蓄積されない

などです。

悩み

今思えばわかりますが、このような問題は「仕組み」がないから起きています。
それにノウハウも体系化されていないことも原因です。

そのころの私自身の考えも、知らず知らずのうちに優秀な人材に依存していました!!

このような問題は個人でも法人でも店舗ビジネスでも同じなのです。

これら問題は手法やテクニックで解決することができません。

そこで本テキストは以下の2つのステップを踏んで、これらの問題解決していく方法を取っています。

(1)あなた自身の時間を創出する仕組みをつくる
(2)創出した時間を使って〇〇を作成する

です。
〇〇は本テキストをダウンロードするお楽しみです。

では、なぜ経営者の時間創出が必要なのでしょうか?

それは“経営者の時間を創出して、社長業に専念してほしい”からです。

社長業とは「会社の未来を創るシゴト」です!
経営者のシゴトとは、

  • 経営戦略の立案
  • 理念や方針を定める
  • 新規事業(ビジネスモデル)を考える
  • 利益から逆算して方針をつくる
  • 儲かる仕組みをつくる
  • 売上や顧客を創造する
  • 自社の商品がいかに価値のあるものか外部に伝える

です。 つまり、これらを要約しますと、

“考える”
“判断する”
“決定する”

仕組み化

思考系の仕事が経営者の仕事なのです!

これらの思考法を身に付けてもらうために本テキストでは4つのフレームワークを用意しました。

そのため必要と思われる箇所だけプリントアウトして、ペンをもって書き込んでみ見るのも一つです。
頭と手を動かすことであなたのモヤが驚くほどはれることでしょう。

なぜあなたがこのPDFをダウンロードすべきなのか

本テキストを読むことで得られることは、ズバリ、自分が組み込まれなくてもシゴトがまわり社長業に専念できるようになれる!ということです。

今回その理論をまとめて、当時の私と同じ悩みを持つ経営者をサポートするために期間限定で無料ダウンロード出来るようにしました!!

PDF(プレゼントダウンロード)

まずは軽い気持ちで小冊子を読んでみて下さい。

また、本テキストは、ただ読むだけでは意味がありません。
書かれていることを把握して、しっかりワークをやっていただいて、その後、小さなことからでもいいので仕組みをつくっていって欲しいと思います。
その積み重ねがやがてあなたの目指すべき頂きに連れていってくれると思います。

最後に、本テキストの感想をいただけましたら、さらに次に進むプレゼントも用意しております。
※詳しくは、本テキストをチェックしてみてください!!

今回「仕組み大百科」をプレゼントする理由

私は22年間、フランチャイズ店を中心に65店舗ほどのサービス業店舗を展開するマルチブランド・フランチャイジーという業種の会社役員(取締役)をしてきました。

皆さんはマルチブランド・フランチャイジーという言葉は聞いたことがありますか。

マルチブランドというのは、「マルチ=複数」の「ブランド=フランチャイズ・パッケージ」に加盟している「フランチャイジー=フランチャイズ加盟店」のことです。

フランチャイズに特化して会社運営してきたことから今まで200社以上のフランチャイズ本部と関わり、数多くのフランチャイズ本部の仕組みを独自に研究してきました!!

研究を重ねるうちに20世紀もっとも繁栄したビジネスモデルはフランチャイズビジネスだと知りました。

そしてフランチャイズ躍進の秘密が「仕組み」にあることも知ったのです!!

私はそのノウハウを使って中小零細企業や個人事業の経営を指導したところ、企業の規模や業種業態に問わずに、仕組み化は通用する偉大のノウハウだということに気が付いたのです。

そして、そのフランチャイズモデルの仕組みは中小零細企業や個人事業主向けにもカスタマイズできることがわかりました。

私が中小企業や個人起業家を応援したい理由は2つです。

一つ目は、創業3年廃業70%という廃業率の改善
二つ目は、中小零細企業の実に70%が赤字であるという問題です。

つまり中小零細企業の疲弊は、単にその中小企業だけの問題にとどまらず、日本全体に由々しき影響を及ぼす大問題である、ととらえるべきなのです。

日本の企業の所得の約80%は大企業が生み出しています。

ところが、雇用の実に約65%は中小企業が支えているのです。

東京

すなわち、中小企業は雇用を通じて日本の社会の安定性に寄与しているといえるのです。

だからこそ個人や小さな会社を発展させることが大事なのではないか?
だからこそたくさんのスモールビジネスを営んでいる経営者の方に読んでいただくために今回は無料で配布することにしました。

PDF(プレゼントダウンロード) だからこそ、ただ読むだけではなく、私のノウハウをどんどん真似てもらって、売上UPやビジネス拡大に役立てて欲しいと思います。
一緒に「仕組み化」して、共に日本を元気にしていけたらこんなに嬉しい事はありません!!

社長がいないと回らない1店舗オーナーから、多店舗経営へ飛躍させるための仕組み大百科ダウンロードはコチラから



Return Top